新着情報

 RSS

カウンタ

COUNTER295695

ブログパーツ

学校情報

壬生町立壬生北小学校
〒321-0207
栃木県下都賀郡壬生町北小林190番地
TEL:0282-86-0064
FAX:0282-86-1058
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

バナー

学校支援ボランティア募集中



 本校では、家庭や地域社会と連携・協力し、家庭や地域社会とともに、児童を育てていきたいと考え、学校支援ボランティアの御支援を積極的にお願いしています。 別紙(下記リンク)のとおり、平成30年度学校支援ボランティアとして、御協力いただけます方々を募集いたします。経験は問いません。ぜひとも御応募くださいますようお願い申し上げます。
H30ボランティア募集案内.pdf
 

活動の様子(H29)

活動の様子(H29)
12345
2018/02/16new

家庭学習強調週間&ノーテレビノーゲームデー

| by:壬生北小学校

2月18日(日)~21日(水)
 壬生町では、中学校の定期テスト期間に合わせ「ノーテレビ・ノーゲーム週間」を設定し、テレビやゲームを控え、学習や読書、家族とのふれあいの時間を増やそうと呼びかけています。また、本校では、このノーテレビ・ノーゲーム週間に合わせ、学力向上と定着を図るため「家庭学習強調週間」を設定しています。この機会に、お子さまと一緒にメディアとのつきあい方や家庭学習の方法について話し合っていただき、お子様のより良い成長につなげていただければ幸いです。御理解と御協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。
  • 「学年×10分間」(ただし、1年生は20分間)を目安に家庭学習を毎日行う。
  • 「家庭学習の手引き」を参考にして、学習内容を決める。
  • 「家庭学習がんばりカード」を使って、家庭学習終了後、その日行った内容や時間などを毎日記録する。

家庭学習強調週間について.pdf  学習指導だより「そよかぜ」第2号.pdf

 


15:25 | 投票する | 投票数(0) | 連絡事項
2018/02/15

入学説明会

| by:壬生北小学校
 2月15日(木)、平成30年度にお子様が本校に入学する保護者の方に御来校いただき、「入学説明会」を実施しました。入学までに御準備いただくことや、家庭教育の重要性などについてお話しさせていただきました。もし、御不明な点がありましたら、御遠慮なく学校に御連絡ください。4月12日、12名の元気な新一年生たちに会えるのを、本校職員一同心よりお待ちしております。

 
18:14 | 投票する | 投票数(3) | 今日の出来事
2018/02/15

長縄の練習

| by:壬生北小学校
 来週21日(水)の昼休みに予定している「わんぱく隊対抗長縄集会」に向けて、わんぱく共遊の時間に、長縄跳びの練習をしました。どの班も6年生が下級生をリードし、跳ぶのが苦手な子も跳べるように配慮しながら縄を回すなどして、和気あいあいと練習していました。来週の大会では、どの班が上手に跳べるか、とても楽しみです。

 
 
18:05 | 投票する | 投票数(6) | 今日の出来事
2018/02/13

栃木SC サッカー教室

| by:壬生北小学校
 2月13日(火)、栃木SCのコーチの方が2名来校し、1~3年でサッカー教室を行いました。45分の授業の中で、「笛が鳴ったら素速く集合すること」や「顔を上げ周りをよく見て動くこと」などの大切さから、ドリブルやパスなどの技術まで教えていただき、とても有意義な時間となりました。子どもたちは、いつも以上に張り切ってボールを追いかけていました。来週の火曜日に、もう一度サッカー教室を行う予定です。

  
 
 
17:56 | 投票する | 投票数(2) | 今日の出来事
2018/02/13

プログラミング教育研究授業

| by:壬生北小学校
 4校時に5年生の算数「円と正多角形」の学習で研究授業を行いました。平成32年度から全面実施となる新しい学習指導要領では、小学校からプログラミング教育を導入することになっています。今回の授業は、教科の学習にどのようにプログラミング教育を採り入れればよいのかについての検証授業です。プログラミング教育と言っても、プログラム言語を習得してプログラマーになることを目指すものではなく、「プログラミング的思考」を身に付けることによって、生活や仕事をする上で、目的達成までの見通しを持ち計画的・効率的に進める力を育むことを目指しています。
 今回は、「Scratch」というWeb上のプログラム言語を使って、コンピューターで正多角形を描くことを目標に、授業を展開しました。
 導入で「プログラムってどんなところに使われている?」と尋ねたところ、子どもたちからは、すぐに「ゲーム!」という答えが返ってきました。しかし、スマホやドローン、家電等にもプログラムが利用されていることは初めて知ったようでした。
 「Scratch」の使い方は、ドラッグ&ドロップで命令のブロックを動かして並べていくだけなので、直感的にすぐに慣れていました。
 まず、キャラクターに「100歩進む」と「90度曲がる」という命令を実行させ、その後「じゃあ次は正方形を描かせてみよう。」と投げかけてみたところ、子どもたちは、初めはどうしていいか分からない様子でした。子どもたち同士で話し合ったり、友達と画面を見せ合ったりしながら、何とか「100歩進む」「90度曲がる」を4回繰り返せばいいということに気がつき、正方形を描かせることができました。その後は、くり返す回数を変えたり、曲がる角度を変えたりして、正三角形や正六角形、正五角形などを描かせていきました。
 授業の最後では、「手書きでは正確にかけなかった正36角形も、コンピュータなら正確にかくことがきました。」などの感想が聞かれました。

 
  

 今回、利用した「Scratch」のほか、プログラミング教育に使えるサイトにリンクを張っておきます。ぜひ、御家庭でも試してみてください。

「Scratch(スクラッチ)」 日本語に対応した分かりやすいプログラミング言語。
「ワイワイプログラミング」 NHK for School にある「Scratch」の使い方を教えてくれるサイト。
「プログラミン」 文部科学省で作成した低学年から使えるプログラム言語。
「プログル」 新学習指導要領に対応した、学校の授業で使えるプログラミング教材。
17:19 | 投票する | 投票数(3) | 今日の出来事
2018/02/13

ボランティアカルタシリーズ11回目(最終)

| by:壬生北小学校
ボランティアカルタシリーズ11回目です。今回で最終です。ありがとうございました。
本校では、「読み聞かせ」「登下校時の見守り」等のボランティアを募集しています。
ぜひ、よろしくお願いします。

08:53 | 投票する | 投票数(4) | 報告事項
2018/02/12

ボランティアカルタシリーズ10回目

| by:壬生北小学校
ボランティアカルタシリーズ10回目です。次回で最終です。お楽しみに。


08:00 | 投票する | 投票数(4) | 報告事項
2018/02/11

ボランティアカルタシリーズ9回目

| by:壬生北小学校
ボランティアカルタシリーズ9回目です。
本校では、「読み聞かせ」「登下校時の見守り」等のボランティアを募集しています。
ぜひ、よろしくお願いします。

08:51 | 投票する | 投票数(1) | 報告事項
2018/02/10

ボランティアカルタシリーズ8回目

| by:壬生北小学校
ボランティアカルタシリーズ8回目です。
本校では、「読み聞かせ」「登下校時の見守り」等のボランティアを募集しています。
ぜひ、よろしくお願いします。

08:50 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
2018/02/09

ボランティアカルタシリーズ7回目

| by:壬生北小学校
ボランティアカルタシリーズ7回目です。
本校では、「読み聞かせ」「登下校時の見守り」等のボランティアを募集しています。
ぜひ、よろしくお願いします。

08:49 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
12345

フォトアルバム

北小フォトアルバム
12

6年生を送る会を開きます。
95枚
6年生を送る会

 2月22日に「6年生を送る会」を行いました。6年生への感謝の気持ちがこもった温かい会になりました。
登録者:壬生北小学校管理者 | 2017/03/07(3票)
5年臨海自然教室を開きます。
173枚
5年臨海自然教室

11月16日~18日に行った5年生の臨海自然教室の写真を公開しています。ぜひご覧下さい。
登録者:壬生北小学校管理者 | 2016/11/16(71票)
やまびこ発表会&PTAバザーを開きます。
67枚
やまびこ発表会&PTAバザー

11月5日(土)に行われた「やまびこ発表会」と「PTAバザー」の画像を公開しています。ぜひ、ご覧ください。
登録者:壬生北小学校管理者 | 2016/11/05(2票)
北っ子宿泊学習を開きます。
163枚
北っ子宿泊学習

10月17日~18日、太平少年自然の家で3年生以上は宿泊学習を行いました。たくさんの写真を公開しています。ぜひ、お子様といっしょに御覧いただき、楽しかった思い出をお子様からお聞きください。
登録者:壬生北小学校管理者 | 2016/10/17(19票)
5年社会見学を開きます。
42枚
5年社会見学

登録者:壬生北小学校管理者 | 2016/09/30(35票)
12

活動の様子

平成27年度 日誌
12345
2016/03/10

卒業前の6年生

| by:壬生北小学校
6年生の卒業まで、いよいよ残すところ1週間となりました。
最近の6年生の様子をお伝えします。

①奉仕活動:学校への感謝を表し、学校をきれいに
  

②クッキー作り:お世話になった先生方へのお礼に、メッセージカードとお菓子をプレゼント
  

③卒業記念制作習字:卒業式に飾る習字作品を、片山先生と飯野先生の指導のもと作成
  

④校長先生との会食:校長先生と、校長室で食べる特別な給食


⑤自主学習の製本:1年間の努力の成果を、1冊の本に
  

⑥北っ子の森で:お世話になった森とのお別れに、森で過ごし、感謝のあいさつを
 

いよいよ6年間のゴール目前の6年生。
どんな卒業を迎えるのか、楽しみです。
16:11 | 投票する | 投票数(13)
2016/02/26

わんぱく隊解散式&団旗継承式

| by:壬生北小学校
2月26日に、H27年度わんぱく隊解散式が行われました。

  
6年生の隊長4人は、これまでの思い出や隊長という役割を果たして成長できたこと、そして自分の隊のメンバーへの感謝を伝えました。熱い思いに満ちたメッセージが送られました。

そして、来年度の新隊長への団旗継承。
  

新隊長たちも、隊長になる意気込みを熱く語りました。
各わんぱく隊でそれぞれに感謝を伝えたり思い出を語ったりする時間もあり、いよいよ今年の活動の終わりが近づいてきたことを実感しました。

先輩から後輩へ。
北小の良い伝統を受け継いで、ますます子どもたちが輝くわんぱく隊活動になることを願っています。
19:33 | 投票する | 投票数(6)
2016/02/25

6年生を送る会

| by:壬生北小学校
 2月24日(水)2・3校時、6年生を送る会が開かれました。3年生が準備した花のアーチを取って、5年生の「匠」の合奏とともに、やや緊張気味の6年生が入場しました。
  

 入場後、わんぱく隊ごとに分かれて5年生が考えた5つのゲームに挑戦しました。
(①ねらえ、ストライク ②ジェスチャーゲーム ③ 君には解けるか?暗号ゲーム ④見つけてたおせペットボトル ⑤箱の中身あてゲーム)
 どのゲームも工夫が凝らされていて、みんなで協力して取り組む様子が見られました。また、ゲームを待っている時間も、楽しくおしゃべりなどをして和やかなひと時を過ごしていました。
  
  
 その後、体育館に集まり、1~5年生が6年生1人1人に感謝の気持ちを書いたメッセージカードと、1・2年生が作った本のしおりを渡しました。また、4年生が中心となって決めてくれた「つばさをください」をこれから未来へはばたいてほしいという願いをこめて、1~5年生で心を込めて歌いました。6年生は、お礼として「カントリーロード」の合唱・合奏と自分たちで作ったティッシュBOXを下級生にプレゼントしました。
  
 6年生を送る会を通して、今までお世話になった感謝の気持ちをしっかり6年生に伝えることができました。6年生との学校生活は残りわずかとなってしまいましたが最後まで楽しい思い出がたくさん作れるといいですね。
18:20 | 投票する | 投票数(7)
2016/01/28

感謝の会

| by:壬生北小学校
1/28(木)、今までお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝える「感謝の会」がランチルームで開かれました。今年度は、読み聞かせや安全支援、家庭科や総合でお世話になった方々など12名の方に御出席いただきました。
  
ふれあい活動では、わんぱく隊ごとにはじめに自己紹介をし、その後一緒に壬生町カルタをしたり、おしゃべりをしたりして、楽しい時間を過ごしました。
  
プレゼントとして、児童会で作成したメッセージ付き北小のオリジナルカレンダーを渡しました。最後に今までの感謝の気持ちを込めて、全校児童で「感謝の会の歌」(世界で一つだけの花の替え歌)を歌いました。
  
今までいろいろと御協力いただき、本当にありがとうございました。
これからもお体に気をつけてお過ごしください。
18:58 | 投票する | 投票数(5)
2016/01/28

バスケットボール教室

| by:壬生北小学校
1/27(水)、プロバスケットボールチーム「リンク栃木ブレックス」の荒井コーチ、石川コーチ、柴田コーチをお招きして、バスケットボール体験教室が開かれました。
バスケットボール選手の「プロフェッショナル」に子どもたちが接することでプロの「本気度」「経験」「夢」「ホンモノの技」を体感し、子どもたちのやる気=モチベーションを高めることを目的に行われました。
  
  

コーチの言葉から
・好きなことをとことん好きになり一生懸命に取り組むことが大切です。
・好きなこと、夢中になれることができると自分の生き方が前向きになれます。
・一緒に頑張る友達や仲間ができると、人生が楽しくなります。

子どもたちが、これからの自分の生き方について考えるよいきっかけになってくれればと思っています。
17:52 | 投票する | 投票数(3)
12345