新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

カウンタ

COUNTER260784

ブログパーツ

学校情報

壬生町立壬生北小学校
〒321-0207
栃木県下都賀郡壬生町北小林190番地
TEL:0282-86-0064
FAX:0282-86-1058
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

はじめに

 このページでは、本校のICT活用について詳しくお知らせしています。主に平成28年度からスタートしたタブレットの活用について、どの教科のどんな場面で、どのような活用をしているかを解説していきます。また、職員向けの研修で利用した資料や教材のファイル等も、この下の「キャビネット」に置いておきますので、ダウンロードして御利用ください。
 ※スマートフォンからは「キャビネット」を利用することはできません。「キャビネット」の利用は、フルブラウザからお願いします。
 

キャビネット

名前
サイズ
コメント
 

タブレット活用事例

タブレット活用事例 >> 記事詳細

2016/12/14

6年 理科 「地震や火山活動からくらしを守る」

| by:壬生北小学校
 6年生の理科でグループに1台のタブレットを利用した実践です。
 「大地のつくりと変化」の単元では、地層のでき方や火山・地震の仕組みと災害について15時間かけて学習します。本単元は、その後に1時間で学習する単元なのですが、近年の防災教育の重要性が高まってきていますので、予備時数を利用して3時間扱いにして実施しました。単元の目標は、「地震や火山噴火に対する備えを学習し,災害の種類に対するさまざまな備え,緊急地震速報やハザードマップなどを整理して,地震や火山活動による災害からくらしを守る意識を高めることができるようにする。」です。
 前に紹介した「月と太陽」の実践と同じように、図書資料とインターネットを利用して、3人のグループで調べ学習を行い、5分ずつの発表をすることにしました。子どもたちから、「『月と太陽』の時の学習がとても楽しかった。またやりたい。」と聞いていたので、その要望を実現したものです。
 前回は、タブレットの扱いや検索の仕方にまだ不慣れな部分がありましたが、今回は的を絞った使い方が身についてきました。特に、「発表のときに、自分が読むための原稿と聞く人に見せるための資料は別に用意する」ということを意識させてまとめさせました。
 タブレットを使った発表では、カメラで撮影した資料に加え、ネット上で見つけた画像をそのまま発表に利用することができます。画面をスクリーンショット(Windowsタブレットの場合は、音量下ボタン+Windowsボタンを同時押し)して保存しておくのです。教師側では想定していなかったのですが、このような使い方ができることを子どもたちの方から教えてもらいました。さすが現代っ子、デジタルの扱いには慣れています。

  
 
17:16 | 投票する | 投票数(13) | グループ1台の活用