トピック

教育委員会トピック

ふ.る.るMibuJLC みぶの日フェアに向けて

 

「壬生町のために何かやってみたい!」という意欲ある中高生、青少年を中心に構成された「ふ.る.るMibuJLC(ジュニアリーダースクラブ)」では、地域社会に根差した様々な活動に取り組んでいます。

 

3月2日(土)「壬(3)生(2)の日」に、
みぶハイウェーパーク(道の駅みぶ)で「みぶの日フェア」が開催されます!

 


みぶの日フェアでは、会場のテント1張を、ふ.る.るMibuJLCのブースとして貸していただくことになりました。

昨年度に引き続き、2年目の出店となります。

 

 


昨年10月、11月の定例会では、イベントで何をやるかについて、メンバーでたくさんの意見を出し合い、考えました。

イベントの時期や時間、客層なども考えました。


また、食品の販売をする場合は、保健所の許可がおりるかを考える必要があり、料理の詳細な手順も想定しながらの話し合いになりました。

 

10月定例会の様子

 

11月定例会の様子

 

話し合いの結果、

今回は、寒い日でも体をあたためる

「ベーコン串」「たまごスープ」の食品販売ブースに決定しました!

 

 

1月の定例会は、調理実習!

作り方を実際に練習し、手順や味について、改善点や意見を出しました。

 

 


販売名や、気になるお値段については、2月の定例会で話し合う予定ですので、お楽しみに♪

 

イベントにお越しの際は、ぜひ、ふ.る.るMibuJLCのテントにお立ち寄りください!(^^)!

 

 

ふ.る.るMibuだより第3・4号ができました!!

中学生・青少年による地域活動を冬季休業中を中心に実施しました!

 地域の方々とふれあいながら、中学生や青少年たちが未来の自分のための心温まる活動をおこないました。

今年度は、体験的な活動をたくさん企画していただき、講座でしか味わうことができない貴重な機会となりました。

 各講座のほんのわずかですが、参加した皆さんの声を写真と共に掲載させていただきます。

 

参加してくださった中学生・青少年ありがとうございました。

そして、子どもたちのために講師を務めてくださった先生方、企画をしてくださった皆さん

本当にありがとうございました。

ふ.る.るMibuJLC 下野ジュニアリーダースクラブとの交流会!

 

 

12月17日(日)に、下野市天平の丘公園と聖武館にて、壬生町と下野市のジュニアリーダースクラブ同士の交流会を行いました。

 

当日は壬生町のメンバー9名、下野市のメンバー6名が参加しました。

 

活動場所や内容は毎年交代で考えており、今回は下野市での活動となりました。

 


午前中には、シモツケクリエイティブの山口貴明さん、ARTKITCHEN上野志帆さんにご助言をいただきながら、天平の丘公園の中に落ちている自然の素材を使ったワークショップを行いました。

 

とてもよい天気での中、自然の中から「宝物」を見つけ出し、それぞれの作品を作っていきました。

 

 

クリスマスの時期にちなんだ飾りや、お正月の門松のような作品、背を越すくらい大きな木を使った作品など、個性あふれる素敵な作品が完成し、よい思い出となりました。

 

作品に込めた思いや感想を発表しました。

 

 


昼食は、古民家カフェ夜明け前でいただきました。

 

 


午後には、競技まくら投げを体験しました。

 

枕投げインストラクター(下野市地域おこし協力隊、NPO法人青二才)の鈴木祐磨さんと、まくら投げ経験者の下野市のみなさんにご協力をいただき、ルールを覚えながらまくら投げに挑戦しました。

 

リーダー「大将1名」、掛け布団でガードする「リベロ1名」、相手にまくらを投げる「アタッカー3名」のチームを市町混合で組み、本格的な競技を楽しみました。

 

「先生が来たぞ~!」というコールをかけ、チャンスを掴む戦略もあり、大きく盛り上がりました。

 

 

 

 

参加者の感想を紹介します!

 

・公園の中を探索して工作に使えそうなものを探したり、壬生JLCの人と枕投げをして、一緒に楽しむことができたと思う。特に枕投げでは、壬生の人と下野の人をばらばらのチームになってそれぞれのチームで大きく盛り上がっていたので良かったと思う。今年のJLCの合同の交流会もとても楽しいものになったので来れて良かったと思った。

 

・ものづくりでは、周りの枝や葉っぱ、つるなどを拾い、自分は巨大な木を持ってきて、クリスマスツリーを作りました。クリスマスっぽく緑・赤のリボンを巻いたり、クリスマス特有のプレゼントや玉などを飾りツリーっぽくしました。枕投げでは、ずっと前からやりたくて今回できて意外とルールが簡単ということや投げてくるものを守るのがつらいということが分かりました。また是非やりたいです。

 

・とても楽しかったです。Tシャツの企画はなくなりましたが、自然のものを使って自由に工作することでいろいろな作品になり面白かったです。久しぶりに工作をしたので懐かしかったです。枕投げは新体験で大変だったけど、とても楽しかったです。また機会があればやりたいです。

 

・初めて下都賀のJLCと交流会してみて、全員と最初より距離が近くなれてよかった。自然のもので工作したり、枕投げをしたりして楽しい一日を過ごすことができた。また交流会に参加できるといい。ありがとうございました。

 

・私は初めて下都賀の人たちと交流会をやったのでいつも以上に楽しかったです。そして、新しく知り合った下都賀の先輩方も仲良くフレンドリーで優しかったので、親しみやすかったです。たくさん工作で考えたり、枕投げで頑張って逃げ、あててで頭も体も使えてよかったです。

 

・最初は上手く関わることができるか結構不安だったのですが、意外にも相手の方たちがフレンドリーでとても楽しく、交流会ができたと思います。枕投げは初めてやったのですがめちゃくちゃ楽しかったです。

 

・下野市のJLCの人たちと交流するには不安だったけれど、皆温かく接してくれて一日楽しく過ごせました。工作はあまり上手くできなかったし、枕投げも何度か当たってしまったけれど、誰も責めたり茶化したりせず、とてもいい雰囲気だったと思います。

 


はじめは緊張した様子でしたが、活動を通して和やかな雰囲気となり、冬の寒い日でしたが沢山動いて汗を流し、普段なかなかできない体験をすることができ、とても有意義な一日となりました。

 

ご協力くださいました講師の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

ふ.る.るMibuJLC通信(第27号)が発行されました。

 

ふ.る.るMibuJLC通信第27号(2023年度No.1)が発行されました。

JLCメンバーの活躍の様子を、ぜひご覧ください。


第27号では、令和5年度の活動予定、ガイダンスや学童での活動の様子や、活動を終えた会員の感想など掲載しています。

 

 


↓より高画質なpdf版はこちら


第27号.pdf

 


本通信は、教育委員会ホームページでの公開の他、町内中高生への配布、町内の各施設へ配布しております。

 

今後も地域との交流をはかりながら、壬生町の人と人とをつなぐ架け橋となるような活動に取り組んでいきます!

 

ふ.る.るMibuJLCでは、「もっと誰かのために役立ちたい!」「もっと計画や準備の段階から地域活動に取り組んでみたい!」「もっと自分のアイデアを地域活動に活かしてみたい!」という意欲のある中高生、青少年が活動しています。

 

興味のある方は、お気軽に生涯学習課(81-1873)までお問い合わせください。

 

これからも中学生及び青少年による地域活動に、ご理解ご協力をよろしくお願いします。

 

 

第2回壬生藩校学習館祭りを開催しました!

 

11月12日(日)に、第18回全国藩校サミット壬生大会開催記念「第2回壬生藩校学習館祭り」(主催:壬生町教育委員会、協賛:壬生ロータリークラブ)を、城址公園ホールで開催しました。

 

このイベントは、令和3年に行われた、全国藩校サミット壬生大会の開催を記念するとともに、藩校教育にかかるこれまでの取り組みを継続・発展させていくことを目的として開催しています。

 

壬生町内の小中学生による、「壬生論語青少年・町民の主張作文・発表コンクール」や「論語大朗誦」、「小中学生プレゼンコンテスト」が行われました。

学習館祭りの開会に先立ち、協賛の壬生ロータリークラブ様より、目録を贈呈いただきました。

 

 

壬生論語青少年・町民の主張作文・発表コンクールでは、今年度の応募作品総数243点の中から最終選考に選ばれた10名が、ステージ上で自分の主張を発表しました。

         

 

論語大朗誦では、壬生論語検定世界記録チャレンジコースに合格した34名の児童生徒たちが、壬生町の論語教育で使用しているオリジナルテキスト「壬生論語古義抄」の18編すべてを、順番に諳んじました。

 

    

 

プレゼンコンテストでは、各小中学校の代表に選ばれた児童生徒が、個々に決めた様々なテーマに沿って発表しました。町内全校に一人1台ずつ配布されているタブレット端末を活用し、パワーポイントを作成しています。

         

 

 

「壬生論語青少年・町民の主張作文・発表コンクール」と「小中学生プレゼンコンテスト」については、厳正な審査により、以下の通り結果が決定しました。

 

11月23日(木・祝)に、城址公園ホールにて表彰式が行われ、入賞者へ賞状、記念品が授与されました。