新着情報

 RSS

カウンタ

COUNTER246986

ブログパーツ

学校情報

壬生町立壬生北小学校
〒321-0207
栃木県下都賀郡壬生町北小林190番地
TEL:0282-86-0064
FAX:0282-86-1058
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

はじめに

 このページでは、本校のICT活用について詳しくお知らせしています。主に平成28年度からスタートしたタブレットの活用について、どの教科のどんな場面で、どのような活用をしているかを解説していきます。また、職員向けの研修で利用した資料や教材のファイル等も、この下の「キャビネット」に置いておきますので、ダウンロードして御利用ください。
 ※スマートフォンからは「キャビネット」を利用することはできません。「キャビネット」の利用は、フルブラウザからお願いします。
 

キャビネット

名前
サイズ
コメント
 

タブレット活用事例

タブレット活用事例
2017/01/29

タブレットはオールインワン

| by:壬生北小学校管理者

 テレビに教材等を提示する場合、これまでは提示するものに合わせて機器を使い分けたり、組み合わせたりする必要がありました。例えば、下のような感じです。

 映したい物 記録機器 再生機器
 児童の活動の様子(静止画) デジタルカメラ パソコン
 児童の活動の様子(動画) ビデオカメラ ビデオデッキ
パソコン
 児童のノートや作品 スキャナー
実物投影機
 パソコン
実物投影機
 音声ボイスレコーダー パソコン
音楽プレイヤー 


 しかし
タブレットならばこれを全て1台でやってのけてくれます。もう記録と再生で別々の機器を使い分ける必要はありませんタブレットが1台あれば事がたります。



08:44 | 投票する | 投票数(18) | タブレットの強み
2017/01/27

タブレットV.S.実物投影機

| by:壬生北小学校
  O.H.P.(オーバーヘットプロジェクター。若い方は知らないかも?)に代わって、ICT活用の一翼を担ってきたのが「実物投影機(書画カメラ)」です。が、今後はその活躍の場をタブレットに取って代わられるのではないかと思われます。これまでの実践から、実物投影機と比較したタブレットの利点をまとめてみると次のようになります。
 実物投影機 タブレット
電源コードをコンセントに、映像コードをテレビに接続しておかなければならず、持ち運びができない。充電しておけば電源コードは必要ない。テレビにはワイヤレスで投影できる。
授業で使う前に電源や映像コードを接続して準備しておかなければならない。アダプタは常に接続しておけるので、タブレット側から接続するだけ。手間と時間が節約できる。
映したい物をそこに持って行かなければならない。教室程度の広さなら、どこからでもワイヤレスで投影することが可能。
映したいノート等を変えたいときには、その都度映したいものを取り替えなければならない。机間巡視しながら、映したいノート等を撮影しておき、切り替えはタブレット上で素早く行うことができる。→画像の連続提示.mp4(動画)
映したものの一部分を拡大したいとき、光学的なズームを行うので、ピントがぶれたり、違う部分が拡大されたりして、時間のロスがある。 映した画像をタブレット上で、指で広げる(ピンチイン)だけで、好きな部分を好きな大きさに拡大することができる。→拡大縮小.mp4(動画)
画面には書き込みができない。どうしても書き込む場合は、映しているノート等に直接書き込まなければならない。 画面に書き込みができ、また消すことも簡単。映した実物の方には書き込みの影響はない。書き込む色も自由に変えられる。→画面への書き込み.mp4(動画)
ノートなどを画面に1度に1つしか提示できない。画面を2分割や4分割させて、一度に複数のノートなどを提示させ、比較させることができる。


画面への書き込みができる
2分割して比較させることができる 

 これで、1台あたりの価格はそんなに違いありません。本校では、どちらともクラスに1台ずつ使える恵まれた環境にありますが、タブレット導入以降、実物投影機が活躍する場面はほとんどなくなってきています。
20:49 | 投票する | 投票数(23) | タブレットの強み
2017/01/26

タブレットの保管方法

| by:壬生北小学校
 導入した8台のタブレットは使用時以外は、職員室で一括管理しています。 用務員さんにお願いして、写真のような棚を製作してもらい、各クラスのタブレットの場所がすぐに分かるように保管しています。 充電器8台とケーブルもタブレットの棚の下の隙間に入るように作られていてスッキリしまえます。




 同じ場所に「タブレット貸出簿」(一番右)を置いておき、教室に持っていく際に記入してもらっています。 下がその「貸出記録簿」です。月日、貸出時刻、使用する機器の番号、氏名、返却時刻を記入してもらっています。また、返却した際には、返却時刻を記入し、次に使うときのために充電をするようにしています。 →タブレット貸し出し記録簿.xlsx(エクセルデータ)


00:00 | 投票する | 投票数(13) | タブレットの設定
2017/01/25

スタート画面の設定について

| by:壬生北小学校管理者
 本校では、どのタブレットを使う場合も先生方や児童が同じ画面で使えるように、スタート画面をほぼ同じになるように設定しました。
 Windows10には、パソコン向けのデスクトップ画面と、タブレット用スタート画面が用意されていて、切り替えて使えるようになっています。本校のタブレットにはキーボードもついていますが、キーボードをつけてしまうと携帯性が悪くなってしまいます。先生方が気軽に教室へ持って行ってくれなくなるのではないかと考え、キーボードは別に保管してあり通常は使用していません。ですから、本校のタブレットはすべてタブレットモードにして、指のタッチ操作だけで操作してもらうようにしてあります。タブレットモードにすることで、アイコン(Windows10では「タイル」と呼びます)が大きくなり、指でタップしやすくなります。また、デスクトップのアイコンはダブルクリックの煩わしさがありますが、タブレットモードのタイルは1度タップするだけで開くことができ、快適です。

 あとは、よく使うソフトやフォルダのショートカットをこのスタート画面に作成し、並べ替えておくことで、使い勝手が断然に良くなるものと思います。以下が本校のタブレットのスタート画面です。



 Windows10付属のものとしては、「カメラ」「フォト」「ボイスレコーダー」「Grooveミュージック」「Microssoft Edge」「電卓」「Cortana(音声入力)」「マップ」「設定」等のタイルを、スタート画面に「ピン留め」してあります。 
 このタブレットには、「Microsoft Office」(Word,Excel,PowerPoint)が入っていませんので、文書を作成することはできません。その代用として「OneNote」もスタート画面においてあります。
 また、英語の「Hi Friends!」や「Google Earth」などもインストールして、ショートカットを作成しておきました。「ひまわりポケット」は業者テストの付録でついてきたものです。そのほか、画面に直接手書き入力するためのフリーソフト「Screen Pen」や「白板ソフト」、映像を遅延再生させるためのフリーソフト「Lag Mirror」も入れてあります。

 また、児童に調べ学習をさせる際に役立つ「Yahoo!きっず」や「NHK for school」、計算技能の習熟に役立つ「勇者計算騎士ナリガイガー」へのショートカットも作りました。

   導入時に研修で使った資料はこちらです。 → Windowsタブレット活用研修会.pdf
08:43 | 投票する | 投票数(16) | タブレットの設定
2016/12/27

利用状況

| by:壬生北小学校管理者
 2学期の終わりごろ、担任の先生方にアンケートに答えてもらい、タブレットの活用状況を調査しました。まず、どのような機能を利用したかについては、下のような結果になりました。


 カメラを使った機能が多く使われているようです。難しい知識や技能がなくても簡単に利用できる点が好評のようです。次に教科ごとの利用人数です。


 こちらは「算数」で活用した方が一番多かったです。「ノートに書いた問題の解き方をカメラで撮影し、テレビに映して説明させる」といった使い方が多いようです。意外なのは、これまでICTを活用する場面があまり多くなかった、「体育」や「音楽」「図工」が上位にランクインしていることです。ノートPCだと重たいので体育館や校庭、特別教室に持ち運ぶのをためらってしまいますが、タブレットなら気軽に持って行けるというメリットが生かされている結果ではないでしょうか。体育や音楽の授業では、児童の運動や器楽の技能を動画で撮影し、それを見ながらできばえを客観的に振り返らせ、さらなる向上を目指して取り組ませるといった使い方が可能になりました。

00:21 | 投票する | 投票数(15) | タブレットの強み
2016/12/26

タブレット活用についての情報交換会

| by:壬生北小学校管理者
 冬休み中の12月26日に、2学期にタブレットをどのように活用したか、研修を行いました。それぞれが、タブレットに残した画像や動画などを見せながら、お互いの活用法を紹介し合いました。1時間程度の研修でしたが、今までICTがあまり活用されてこなかった、図工や家庭、音楽、体育などの技能教科でも活用できることが分かり、たいへん有意義な研修となりました。

 
11:08 | 投票する | 投票数(9) | 職員研修
2016/12/23

初歩的な活用事例

| by:壬生北小学校管理者
 ICT活用の「はじめの一歩」は、とにかく「大きく映す」ことです。例えば、教科書の問題や図などを、これまではスキャナーや実物投影機を利用して大きく映していました。それと同じ使い方がタブレットでも可能です。教科書の問題や図を、タブレットのカメラで撮影して、その画像をテレビ画面に映し出すだけです。例えば、算数の授業の導入で、児童に教科書を見せないで問題を提示したい(解き方は見せたくない)場合には有効です。時間も手間もほとんどかけずに、問題を提示することができます。


19:49 | 投票する | 投票数(9) | クラスに1台の活用
2016/12/22

2年 国語 「漢字の書き順」

| by:壬生北小学校
 タブレットが1人1台使える環境での、漢字の学習の実践です。本校では、特別支援学級や2年生(児童8名)では、タブレットを1人1台同時に使える環境にあるので、計算や漢字の習熟などにもタブレットが活用できます。学級ごとに購入している漢字ドリル等の付録に、最近では書き順のアニメーションを表示してくれるソフトがついてくることがあります。たいていは1年間の使用制限付きです。本校で利用しているソフトは、書き順の表示だけでなく、手書きした漢字の書き順や字形、とめやはね等を判定してくれるソフトです。このような手書き文字認識ソフトも、最近では精度が上がってきており、かなり使えるようになってきています。ノートへの漢字練習では、書き順が間違っているのに見過ごしてしまうこともあります。このようなソフトを使えば、子どもたちは自分で書き順や字形の間違いに気づくことができます。
漢字かきマスター.mp4(動画)

 
19:15 | 投票する | 投票数(12) | 1人に1台の活用
2016/12/21

2年算数 「かけ算」等

| by:壬生北小学校
 低学年の算数で、整数の四則計算の習熟を図るためには、同じ問題を何度も繰り返し練習することが必要になってきますが、紙と鉛筆だけの学習では、どうしても子どもたちのモチベーションが下がってしまいます。そんな時には、ゲーム的な要素を取り入れると、子どもたちも楽しく練習に取り組めます。本校では、特別支援学級や2年生(児童8名)では、一人1台のタブレットを利用できる環境にあるので、時間のあるときには「勇者計算騎士ナリガイガー」等の計算ゲームを利用して、四則計算の練習に取り組んでいます。
勇者計算騎士ナリガイガー.mp4(動画)


17:12 | 投票する | 投票数(14) | 1人に1台の活用
2016/12/19

5年 図工 「そのば」くん 登場!

| by:壬生北小学校
 5年生の図工で、グループに1台のタブレットを利用した実践事例です。

 子どもたちは校舎内や校庭にタブレットを持って出かけ、身近な場所から「顏のように見えるところ」を探し、タブレットで撮影します。撮影した「顏」やその場所の特徴をもとに、想像した場面を絵に表します。撮影した「顏」の中から、自分が気に入ったものを選び、教師がカラープリンタで印刷して、児童に渡します。子どもたちは、印刷された「顔」の形や色、顏に見立てたものの本来の役割や見つけた場所の雰囲気などから表す場面を連想を広げていきます。 タブレットを持った子どもたちは、まるで宝物でも探すかのように、嬉々として「顔さがし」に取り組んでいました。現在のところ、タブレットから直接プリンタで印刷できませんが、将来的には十分可能になります。教師が一人一人印刷してやらなくても、子どもたちが自分で気に入った画像を印刷できるようになるでしょう。

 
 
 
16:15 | 投票する | 投票数(13) | グループ1台の活用
2016/12/16

2年 国語 「カンジーはかせの大はつめい」

| by:壬生北小学校
 2年生の国語で、クラスに1台のタブレットを利用した実践事例です。

 この単元の目標は、「クイズを通して,漢字の構成や熟語について理解することができる。(伝国(1)ウ(ウ))」です。

 子どもたちは、「漢字がいろいろな部分の組み合わせで成り立っていること」や「2つの漢字の組み合わせで熟語ができること」を学び、教科書の例に合わせて自分たちでも漢字クイズを作ります。自分で作った問題はノートに書きますが、これを担任がタブレットで撮影し、テレビ画面に映し出して、 漢字クイズ大会を開きました。問題を考えた児童は、前に出て、回答者を選んだり、画像にペンで書き込みながら正解を説明したりしました。
 子どもたちのノートを撮影して考えを説明させるといった活用方法は、実物投影機よりも気軽に実践できるようになりました。
 また、書き込みを児童自身にさせられることや、発表者が画面でなく聞く人の方を向いて話せることもタブレットの大きな強みです。

 
 
16:21 | 投票する | 投票数(15) | クラスに1台の活用
2016/12/15

6年 理科 「月と太陽」

| by:壬生北小学校
 6年生の理科「月と太陽」で、グループに1台ずつのタブレットを利用した実践事例です。

 本時(2時間扱い)の目標は、「月や太陽の表面のようすに関する観察や資料調べを行い、目的に応じて整理したり記録したりする。(技能)」です。
 6年生は15人なので、今回は3人ずつ5グループに分かれ、グループごとに図書資料やインターネットを使った調べ学習を進め、最後に5分ずつの発表をすることにしました。これまでは、インターネットでの調べ学習を行う際、パソコン室に移動する必要がありましたが、タブレットがグループに1台あればパソコン室に行かなくても調べ学習ができます。グループが別行動しなくても、図書室で図書資料を探しながら同時にインターネット検索を進めることも可能です。

 子どもたちにネット検索をさせていると、よくあるのが、理解するのが困難な難しいページを見つけ、何とか読もうとして「先生、これ何て読むんですか?」などと聞いてくることです。頑張って理解しようとしている姿は認めてやりたいのですが、1つ読み方を教えたところで、また別のところですぐに読めなくなるのが関の山・・・。このようなことを少しでも減らすためには、インターネットの入口の「検索サイト」を子ども向けの「Yahoo!きっず」や「きっずgoo」などにしておくことです。本校のタブレットのスタート画面には、「Yahoo!きっず」と「NHK for school」のショートカットを作ってありますので、はじめからNHKの動画を探す児童もいます。
 調べてまとめたことは、グループごとに発表させます。このときもタブレットが大活躍です。ノートにまとめたことをテレビに大きく映すことはもちろんですが、図書資料で見つけた画像をカメラで撮影し、そのまま発表に使うことができます。今回は初めてだったので、子どもたちはA3版くらいの白紙に文字でまとめたり、図やイラストをかいたりしていましたが、A3版くらいの紙だとやはり後ろの席の児童からは見えにくい様子でした。
 今回は、文字でノートにまとめたものをテレビに映していた班が多かったので、課題としては、「自分が話すための原稿と分かりやすく説明するための資料は別」という事を意識させることです。「話す原稿は手書き、見せる資料はタブレット」と役割分担を意識させることで、プレゼンテーション能力も高めていきたいと思います。

  
16:17 | 投票する | 投票数(13) | グループ1台の活用
2016/12/14

6年 理科 「地震や火山活動からくらしを守る」

| by:壬生北小学校
 6年生の理科でグループに1台のタブレットを利用した実践です。
 「大地のつくりと変化」の単元では、地層のでき方や火山・地震の仕組みと災害について15時間かけて学習します。本単元は、その後に1時間で学習する単元なのですが、近年の防災教育の重要性が高まってきていますので、予備時数を利用して3時間扱いにして実施しました。単元の目標は、「地震や火山噴火に対する備えを学習し,災害の種類に対するさまざまな備え,緊急地震速報やハザードマップなどを整理して,地震や火山活動による災害からくらしを守る意識を高めることができるようにする。」です。
 前に紹介した「月と太陽」の実践と同じように、図書資料とインターネットを利用して、3人のグループで調べ学習を行い、5分ずつの発表をすることにしました。子どもたちから、「『月と太陽』の時の学習がとても楽しかった。またやりたい。」と聞いていたので、その要望を実現したものです。
 前回は、タブレットの扱いや検索の仕方にまだ不慣れな部分がありましたが、今回は的を絞った使い方が身についてきました。特に、「発表のときに、自分が読むための原稿と聞く人に見せるための資料は別に用意する」ということを意識させてまとめさせました。
 タブレットを使った発表では、カメラで撮影した資料に加え、ネット上で見つけた画像をそのまま発表に利用することができます。画面をスクリーンショット(Windowsタブレットの場合は、音量下ボタン+Windowsボタンを同時押し)して保存しておくのです。教師側では想定していなかったのですが、このような使い方ができることを子どもたちの方から教えてもらいました。さすが現代っ子、デジタルの扱いには慣れています。

  
 
17:16 | 投票する | 投票数(13) | グループ1台の活用
2016/12/13

4年 体育 「マット運動」

| by:壬生北小学校
 4年生の体育「マット運動」の実践事例です。児童一人一人が、「前転」や「後転」「開脚前転」などの技のできばえを確認しながら、自分の課題を見つけて練習に取り組めるようにするためにタブレットを利用しました。
 本校のタブレットには「Lag Mirror」というフリーソフトがインストールしてあり、このソフトを利用します。このソフトは、カメラで撮影した映像を数秒後に遅らせて再生させるソフトです。何秒後に再生するかは、ソフト側で設定できるのですが、本校のタブレットでは「3秒後」と設定しても、それよりずっと遅く10秒後くらいに再生がスタートします。おそらくタブレットのスペックの関係と思われますが、授業にはほとんど支障ありません。
 「Lag Mirror」と使った遅延再生は、これまではノートパソコンで行われていましたが、タブレットになり、コードがないのでより気軽に実践できるようになりました。
 児童は自分の演技が終わると、タブレットのところに行き、自分が映るのを待ちます。自分が映ったら、自分の演技のできばえを確認し、また練習に戻ります。タブレットの画面を見ながら、何人かで話合いをすることもあります。課題が見つかれば、次の練習では、その課題を改善できるように練習します。
 「Lag Mirror」は遅延再生を連続して行ってくれますが、録画しているわけではないので、映像データは後に残らず、その場限りになってしまいます。スロー再生もできません。ですから、後で映像を見て、学級全体で振り返ったり、模範的な演技を示したり、評価に利用したりすることはできません。ある程度練習が進み、技能が高まってきたら、録画の機能を利用して映像データを後に残すとよいでしょう。

 
 
16:41 | 投票する | 投票数(12) | クラスに1台の活用
2016/12/12

4年 国語 「調べたことを整理し,発表しよう」

| by:壬生北小学校
 4年生の国語で、グループに1台のタブレットを利用した実践事例です。
 本時の目標は「相手や目的に応じて、理由や事例などを挙げながら筋道を立て、話し方の工夫を考えて話すことができる。(話・聞(1)イ・ウ,伝国(1)イ(ア))」です。
 前時までに、子どもたちは、調べたことや集めた情報を分類・整理して発表原稿を書き、発表に必要な提示資料を作成してあります。本時は、聞き手を意識した発表の工夫を考え、練習する活動です。練習では二人組になり、タブレットを持った児童が発表している児童の様子を動画で撮影し、後で撮影した動画を見ながら、声の大きさや読む早さ、間の取り方や強弱のつけ方、視線や資料の使い方などについて話合いをします。発表した児童は、自分の様子を客観的に見ながら友達の意見を聞くので、何もないときより素直に友達の意見を聞くことができ、どこをどう直せば良くなるかが明確になり、次の練習への意欲も高まります。

 
17:12 | 投票する | 投票数(11) | グループ1台の活用
2016/12/09

便利アイテム

| by:壬生北小学校管理者
 今日は本校で「ゆうがお塾」が開催され、壬生町の小中学校から多くの先生方が本校に来てくださいました。ICT活用についての研修ということで、タブレットを含め本校のICT環境をフル活用して、ICTの良さを先生方に知っていただく良い機会となりました。

 

 そんな中で紹介させていただいた便利アイテムが、タブレットを固定するスタンドです。アームを机などに固定し、上部にタブレットをはさんで固定します。アームはフレキシブルに動かせますので、タブレットを好みの位置や角度に固定することが可能です。
 これを使うとタブレットを実物投影機やビデオカメラのように使うことができます。例えば、理科の実験の様子を、テレビ画面に大きく映し出しながら、さらに録画することもできます。後で振り返ったり、早送りやスロー再生することもできます。
 また、上で紹介した体育の授業などにも使えます。さらに、雲や太陽の動きなどを時間を縮めて録画するタイムラプス動画なども撮影できます。
 学校に1台あるとたいへん便利なアイテムです。


17:05 | 投票する | 投票数(10) | タブレットの設定
2016/12/08

今後の課題

| by:壬生北小学校管理者
 これまで、様々な場面でタブレットが効果的に活用できることを紹介してきましたが、課題も少しずつ見えてきました。
  • マイクの性能があまりよくないので、音がクリアに録音できない。
  • テレビとの接続がうまくいかないことがある、一度つながっても切れることがある。
  • シャットダウンせずに保管庫に返却していることがある。
  • Windowsストアのアプリの数が少なく、学校教育に適したアプリがほとんどない。
  • 複数のタブレットの画面を同時にテレビに映せない。
  • プリンターや他の周辺機器と接続して利用したい。
  • セキュリティー面にやや不安がある。
 今後は、これらの課題を解決すべく、さらに研究を進めていこうと思います。
17:17 | 投票する | 投票数(8) | 職員研修