新着情報

 RSS

カウンタ

COUNTER259030

ブログパーツ

学校情報

壬生町立壬生北小学校
〒321-0207
栃木県下都賀郡壬生町北小林190番地
TEL:0282-86-0064
FAX:0282-86-1058
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

はじめに

 このページでは、本校のICT活用について詳しくお知らせしています。主に平成28年度からスタートしたタブレットの活用について、どの教科のどんな場面で、どのような活用をしているかを解説していきます。また、職員向けの研修で利用した資料や教材のファイル等も、この下の「キャビネット」に置いておきますので、ダウンロードして御利用ください。
 ※スマートフォンからは「キャビネット」を利用することはできません。「キャビネット」の利用は、フルブラウザからお願いします。
 

キャビネット

名前
サイズ
コメント
 

タブレット活用事例

タブレット活用事例 >> 記事詳細

2016/12/22

2年 国語 「漢字の書き順」

| by:壬生北小学校
 タブレットが1人1台使える環境での、漢字の学習の実践です。本校では、特別支援学級や2年生(児童8名)では、タブレットを1人1台同時に使える環境にあるので、計算や漢字の習熟などにもタブレットが活用できます。学級ごとに購入している漢字ドリル等の付録に、最近では書き順のアニメーションを表示してくれるソフトがついてくることがあります。たいていは1年間の使用制限付きです。本校で利用しているソフトは、書き順の表示だけでなく、手書きした漢字の書き順や字形、とめやはね等を判定してくれるソフトです。このような手書き文字認識ソフトも、最近では精度が上がってきており、かなり使えるようになってきています。ノートへの漢字練習では、書き順が間違っているのに見過ごしてしまうこともあります。このようなソフトを使えば、子どもたちは自分で書き順や字形の間違いに気づくことができます。
漢字かきマスター.mp4(動画)

 
19:15 | 投票する | 投票数(12) | 1人に1台の活用